大阪市立住まい情報センター おおさか・あんじゅ・ネット HOMEへ 

 English | サイトマップ | フロアガイド | 開館時間 | アクセス

 

住まいの相談 よくある相談(Q&A)

 

住まい情報センター相談窓口

相談員からのアドバイス
   住まいを借りたい

   住まいを買いたい
   住まいを建てたい・建替えたい
   住まいをリフォームしたい

   住まいを売りたい
   住まいの近隣トラブル

   分譲マンションに住むということ

分譲マンション管理の参考資料

 

よくある相談(Q&A)
住まいの基礎知識・「あんじゅ」

【住まいを建てたい】

契約の手続きと内容等

 

見積もりのとり方、比較の仕方は?
いくつかのメーカーや工務店に見積もりをとる場合、おおまかな予算や間取り、設備の希望など同じ条件で依頼します。提出してもらうのは、外観と間取りのプラン、仕様書(仕上表を含む)、工事費内訳書などです。総額だけ見て比較するのではなく、どのような部材を使って、仕上げはどうなるのか、工事の範囲はどこまでか、などよく確認した上で判断する必要があります。

 
建築士に設計を頼むには?
まず、建築士の探し方ですが、各種団体(大阪府建築士会、大阪建築士事務所協会)などでは、各々の団体に所属する建築士などの情報(その建築士の作品や専門領域など)を公開するとともに、さまざまな相談にものってもらえるので、活用すると良いでしょう。また、住宅雑誌などでいろいろな建築士の設計例を調べ、デザイン、工法、設計ポリシーなどが自分の希望に合いそうな人を探すのも良いでしょう。建築士に頼むのは敷居が高いように思いますが、有名建築士は別にして、個人住宅をよく手掛けている人なら気軽に対応してくれるでしょう。なかにはローコスト住宅を得意にしている人もいますし、自分にあった建築士と出会えれば、満足度の高い家づくりができます。

 
建築士に設計・監理を頼むメリットは?
建築士や設計事務所に設計・監理を頼むと、ハウスメーカーや工務店に頼む場合と比べて設計・監理料が別途、必要になります。しかし、希望条件に合わせてオリジナ ルな住まいがつくれること、施工全般にわたってチェックしてもらえるので欠陥や手抜きの心配が少ないことなどのメリットがあります。

 
請負契約を結ぶ際の注意点は?
請負契約書、請負契約約款のほか、それまでの打ち合わせや合意事項を反映させた設計図書、工事仕様書(仕上表を含む)、工事費内訳明細書が揃っているかどうか、まず確認します。請負契約約款については、民間(旧四会)連合協定のもの、あるいは自社独自のものを用意しているケースもあります。内容についてわかりにくい点があれば、担当者に遠慮せずに聞きましょう。

設計図書(図面)はどんなものを準備してもらえばよいですか?
建築確認申請時の提出書類として義務付けられている設計図書としては、付近見取図、配置図、平面図などがあります。また、建物の規模や用途等によっては、立面図や断面図、仕上げ表なども必要になります。工事中や完成後のトラブルを防ぐためにも、契約段階で全て準備できていることが望ましいでしょう。

工事代金の支払い方法は?
民法上、請負工事の代金は完成引き渡しと同時とされていますが、実際には工事の進行に合わせて分割して支払うのが一般的です。「契約時、上棟時、完成引渡時に3分の1ずつ」あるいは「契約時10%、着工時30%、上棟時30%、完成引渡時30%」などと契約で定めます。住宅ローンは住宅の完成引渡後でなければ資金がおりないので、支払い予定との兼ね合いには十分、注意しましょう。

[よくある相談(Q&A)へ]  [ページTOPへ]

 


 
以下バナー広告掲載スペースです。

ジャパンハウスホーム.jp

               

             

 

 

                                           

 

 

 

   

  

バナー広告掲載のご案内

著作権 | プライバシーポリシー | 厳選リンク

 大阪市立住まい情報センター 大阪市北区天神橋6丁目4-20  Copyright(C)2011 Osaka Sumai Joho Center All Right Reserved.