大阪市立住まい情報センター おおさか・あんじゅ・ネット HOMEへ 

 English | サイトマップ | フロアガイド | 開館時間 | アクセス

 

HOME > 住まいの相談 > 住まいの相談-よくある相談(Q&A) > 情報収集と施工会社選び等

住まいの相談 よくある相談(Q&A)

 

住まい情報センター相談窓口

相談員からのアドバイス
   住まいを借りたい

   住まいを買いたい
   住まいを建てたい・建替えたい
   住まいをリフォームしたい

   住まいを売りたい
   住まいの近隣トラブル

   分譲マンションに住むということ

分譲マンション管理の参考資料

 

よくある相談(Q&A)
住まいの基礎知識・「あんじゅ」

【住まいを建てたい】

情報収集と施工会社選び等

 

   
一戸建て住宅の工法はどう選ぶ?
一戸建て住宅の工法には、木造軸組(在来)工法、ツーバイフォー、木質系プレハブ、鉄骨系プレハブ、コンクリート系プレハブ、さらにはログハウス、RC(鉄筋コンクリート)などいろいろあります。予算やデザイン、立地による制限、素材の好みなどによって選べばいいでしょう。建築基準法などに合っていれば、耐震性や耐久性などは基本的に問題ありません。

 
「建築条件付き土地」を購入して家を建てる場合の注意点は?
宅地の売買契約が停止条件付きになっており、通常、宅地の売買契約を結んでから一定期間内に宅地の売主又は売主の指定する建築業者と建築請負契約を結ぶことになります。

「シックハウス症候群」を防ぐには?
「シックハウス症候群」は、建材や接着剤から揮発するホルムアルデヒドなどの化学物質が原因といわれます。これを防ぐには、適切な材料を用い、適切な施工管理を行うとともに、通風・換気に配慮した設計も欠かせません。

将来の増改築を予定した設計のポイントは?
まず、工法によって増改築がしやすいかどうかに差があります。木造軸組(在来工法)が最も柔軟で、2×4やプレハブでは壁の位置などに制約が伴います。増改築では、給排水などの配管工事が大掛りになるので、予めこれらを組み込んでおく方法も有効です。増改築の計画があるのならば、事前に施工会社と相談し、設計上、それなりの準備をしておくといいでしょう。

 
地盤の調査はどこに頼む?
狭い土地でも簡単に地盤調査ができるスウェーデン式サウンディング試験といわれる方法がありますので、ハウスメーカー、設計事務所、工務店などを通して依頼してもいいでしょう。

 
工事の打ち合わせ時に注意するポイントは?
工事について工務店やハウスメーカーと打合わせを行う場合、わからない点はその都度、必ず確認します。また、こちらの希望を伝える場合、写真やイラストなどがあると理解してもらいやすいでしょう。合意事項、確認事項は必ず文章にまとめ、打合わせの最後にお互いが目を通した上で署名しましょう。

[よくある相談(Q&A)へ]  [ページTOPへ] 

 


 
以下バナー広告掲載スペースです。

ジャパンハウスホーム.jp

               

             

 

 

                                           

 

 

 

   

  

バナー広告掲載のご案内

著作権 | プライバシーポリシー | 厳選リンク

 大阪市立住まい情報センター 大阪市北区天神橋6丁目4-20  Copyright(C)2011 Osaka Sumai Joho Center All Right Reserved.