大阪市立住まい情報センター おおさか・あんじゅ・ネット HOMEへ 

 English | サイトマップ | フロアガイド | 開館時間 | アクセス

 

住まいの相談 よくある相談(Q&A)

 

住まい情報センター相談窓口

相談員からのアドバイス
   住まいを借りたい

   住まいを買いたい
   住まいを建てたい・建替えたい
   住まいをリフォームしたい

   住まいを売りたい
   住まいの近隣トラブル

   分譲マンションに住むということ

分譲マンション管理の参考資料

 

よくある相談(Q&A)
住まいの基礎知識・「あんじゅ」

【住まいを買いたい】

入居後のトラブル等

 

入居後、建物に不良箇所が見つかったらどうする?
建物に不良箇所を見つけたら売主に連絡し、見てもらいましょう。その原因が「隠れた瑕疵」であったり、アフターサービスの対象であれば、無償で補修してもらえます。また、納得できない場合は、建築士などの第三者の専門家に見てもらいましょう。

   
入居後の家に不具合がでたら?
不動産会社から購入した場合、隠れた瑕疵(欠陥)について、一般的に引渡しから2年間は無償で補償してもらえます。構造的な欠陥なのか、仕上げのちょっとした不具合なのか、わかりにくいものは調査費用はかかりますが、専門家に調べてもらいましょう。仕上げ上の不具合であれば、契約書に記載されているアフターサービス期間は無償で補修してもらえます。構造上の欠陥である場合、売り主や施工業者が欠陥を認めなかったり、補修・賠償に応じない場合には、不動産・建築を扱う専門の相談窓口に相談しましょう。
   平成12年の「住宅品質確保促進法」施行後、新築された住宅であれば入居後に基本構造部分などに欠陥があっても、10年間は無償で補修・賠償が請求できます。
   また、「住宅性能保証制度」がついた住宅であれば、万一、不動産会社が倒産しても、保証期間中は保険が適用され、一定の保証が継続されます。

 

[よくある相談(Q&A)へ]  [ページTOPへ] 

 


 
以下バナー広告掲載スペースです。

ジャパンハウスホーム.jp

               

             

 

 

                                           

 

 

 

   

  

バナー広告掲載のご案内

著作権 | プライバシーポリシー | 厳選リンク

 大阪市立住まい情報センター 大阪市北区天神橋6丁目4-20  Copyright(C)2011 Osaka Sumai Joho Center All Right Reserved.