大阪市立住まい情報センター おおさか・あんじゅ・ネット HOMEへ 

 English | サイトマップ | フロアガイド | 開館時間 | アクセス

 

HOME > 住まいの相談 > 住まいの相談-よくある相談(Q&A) > 新築マンションのポイント

住まいの相談 よくある相談(Q&A)

 

住まい情報センター相談窓口

相談員からのアドバイス
   住まいを借りたい

   住まいを買いたい
   住まいを建てたい・建替えたい
   住まいをリフォームしたい

   住まいを売りたい
   住まいの近隣トラブル

   分譲マンションに住むということ

分譲マンション管理の参考資料

 

よくある相談(Q&A)
住まいの基礎知識・「あんじゅ」

【住まいを買いたい】

新築マンションのポイント

 

マンションのモデルルームでのチェックポイントは?
希望する住戸とモデルルームが同じタイプであれば、室内の動線、天井高、コンセントの配置などを確認し、家具の配置についてもチェックしましょう。完成済みのマンションで希望住戸を見学する際も同じです。一方、希望する住戸とモデルルームが違う場合は、内装材やカラーコーディネート、設備機器(同一仕様の場合)を見る程度。天井高、コンセントの位置など細かい点は図面集や設計図書のコピーでチェックする必要があります。 標準仕様の部分とオプション仕様の部分があるので確認することが大切です。

 
販売センターで聞いておくことは?
希望住戸とモデルルームが違うタイプの場合は、販売センターで設計図書のコピーをもらい、天井の高さ、梁の出っ張りを記入してもらいましょう。販売スケジュールや申し込みの状況などを確認しておくことも忘れずに。また、簡単な資金計画を立ててもらうといいでしょう。さらに、パンフレットに「イメージなので多少変更有り」の表示があれば、例えばどの部分なのかを確認しておくと安心です。

 
マンションの遮音性はどこをチェックする?
音の問題はマンションの居住性を大きく左右する極めて重要なポイントです。具体的には、床、壁、窓などをチェックしましょう。床と壁では、コンクリートの厚さと表面の仕上げ材に注目。窓については、サッシの防音・遮音性能を確認するとともに、周辺の騒音がどの程度か日時を変えて確認します。

 
マンションの隣に空地がある場合、建物が建つ可能性は?
まず、売主の不動産会社に聞いてみて、なんらかの建築計画があるかどうか聞きましょう。ただし、もしその時点で計画がなくても、将来は分かりません。

 
RC(鉄筋コンクリート)とSRC(鉄骨鉄筋コンクリート)の違いは?
RCは鉄筋で補強したコンクリートのことで、SRCはさらに鉄骨を入れたものです。一般に低層、中層のマンションはRC、それを超える高層のマンションはSRCが採用されるようです。建物の規模に応じて、建築基準法で求められる一定の耐震性・耐久性を確保するため、RCとSRCが使い分けられます。

 
マンションの管理はどこをチェックする?
「マンションは管理を買え」といわれるくらい管理が重要です。具体的には、管理規約および管理業務委託契約の内容、管理費や修繕積立金の額、長期修繕計画の有無、管理会社の実績や評判などをチェックします。適切な維持管理が行われているかどうかによって、居住性や資産価値が大きく左右されます。

  
「マンションは管理を買え」といいますが、それはどういうことですか?
分譲マンションは建物の規模が大きく、エレベーター、受水槽など設備が大掛かりになります。これら設備のほか、建物の躯体や敷地もそのほとんどは区分所有者全員の共有部にあたり、その維持管理を適切に行うかどうかによって、居住性や資産価値が大きく左右されます。その意味で、「マンションは管理を買え」といわれるのです。

 [よくある相談(Q&A)へ]   [ページTOPヘ] 


 
以下バナー広告掲載スペースです。

ジャパンハウスホーム.jp

               

             

 

 

                                           

 

 

 

   

  

バナー広告掲載のご案内

著作権 | プライバシーポリシー | 厳選リンク

 大阪市立住まい情報センター 大阪市北区天神橋6丁目4-20  Copyright(C)2011 Osaka Sumai Joho Center All Right Reserved.