大阪市立住まい情報センター おおさか・あんじゅ・ネット HOMEへ 

 English | サイトマップ | フロアガイド | 開館時間 | アクセス

 

HOME > 住まいの相談 > 住まいの相談-よくある相談(Q&A) > 生活騒音・専有部分のリフォーム

住まいの相談 よくある相談(Q&A)

 

住まい情報センター相談窓口

相談員からのアドバイス
   住まいを借りたい

   住まいを買いたい
   住まいを建てたい・建替えたい
   住まいをリフォームしたい

   住まいを売りたい
   住まいの近隣トラブル

   分譲マンションに住むということ

分譲マンション管理の参考資料

 

よくある相談(Q&A)
住まいの基礎知識・「あんじゅ」

【分譲マンションの管理】

◯生活ルール - 生活騒音・専有部分のリフォーム

  
  
上階の居住者がフローリングにしたが、毎日うるさい。上階のフローリングが、
管理組合の遮音等級を満たしているのか、調べる方法、改善策は?
フローリングの遮音等級を満たしているかどうかは、計測器具を使って測ることも可能ですが、その結果のみから、L-45であるとかL-50であるとは決めつけられないのが実態です。「音」は一度気になり始めると必要以上に気になることもあるようです。気持ちを落ち着けた状態で、上階の人に改善をお願いしましょう。 

 
フローリング騒音問題を解決するためにルールをつくりたいが、どんな点に注意すればいいか?   
専有部分をリフォームする場合は、管理組合の事前承認を必要とする規定を管理規約に盛り込みましょう(標準管理規約17条)。施工基準、承認を得るための手続きなどの具体的なルールをあらかじめ理事会で話し合い、総会に提案、区分所有者および議決権の各3/4以上の賛成を得ることが必要です。  

 
マンション内で、生活騒音で問題が起こっている。どのように対処すればいい か?また、生活騒音についての基本的な考え方を教えて  
管理規約や使用細則に禁止事項を設けているにもかかわらず、それが守られていない場合には、もう一度マンション全体に細則の徹底を通知しましょう。さらに、管理組合で「共同生活をするうえで近隣に対する思いやり事項」的なものをマンション全体に通知するのも一つの方法です。それでも事態が改善されなければ、個別に是正勧告することになるでしょう。  

 

住戸内のリフォームをしたいが、管理組合に届けなければいけないか?また、周囲の人にあいさつなどは必要か?
専有部分のリフォームの方法、範囲などが管理規約や使用細則で制限されており、管理組合の事前承認を得る必要があります。その際、決められた書類も提出しなければなりません。もし、そうした規定がなくても、隣接住戸に伺いをたて、管理組合にリフォーム工事の概要を事前に届け出るのはマンション住民のマナーと言えるでしょう。   

[よくある相談(Q&A)へ]  [ページTOPヘ] 


 
以下バナー広告掲載スペースです。

ジャパンハウスホーム.jp

               

             

 

 

                                           

 

 

 

   

  

バナー広告掲載のご案内

著作権 | プライバシーポリシー | 厳選リンク

 大阪市立住まい情報センター 大阪市北区天神橋6丁目4-20  Copyright(C)2011 Osaka Sumai Joho Center All Right Reserved.